2008年10月21日

Norrathに恋焦がれて・・・

半年に1回くらいPOPしてたんですが、久しぶりに連続してPOPしたので、その話を。

POPしていない間も、Chaisさんがゲーム内メールをくれていて、それを有難く思いつつも、何も言わずにPOPしなくなった事に若干の罪悪感のようなものを感じていたのも事実だったり。

実はここのところ、Rappelzという韓国MMOをプレイしているのですが、流石は韓国MMOだけあって、Mobは殴ってくるだけ、クエストはMobをX体倒せか、何かをX個集めてくるだけか、お使いするだけという3種類くらい。どの職でもペットが使えて、ペットも成長に合わせて見た目が変わるのはいいんですが、殴るだけというのが何とも単調。
その分、手軽と言えば手軽ですが、飽きるのも早いのは事実でして。

それで、たまたま知り合った人とMMOの話をしていたら、思わずEQの話をしてしまって、それで止まらなくなってしまい、Norrathの空気を感じたくなってPOPしたという訳です。


さて、10時前という、いい時間にPOPしたものだから、Chairsさんが早速Tellをくれました。
久しぶりにPOPした時に、知り合いがTellをくれるというのはやはり嬉しいですね。
それでチャットをしながら、生産してたのですが、これがなかなかに楽しい。
Chaisさんとは色々と話をしましたが、ChairsさんもEQの世界観に興味を持っている方なので、EQ1とEQ2の世界観話になると華が咲いてしまいます。

今度のEQ2新エクスパンションでは、あのShadowedManがNorrathへの侵略を画策しているようで、EQ1では「何だこいつら?」的なとこがありましたが、今度はしっかり出てきてくれるようです。
今もオベリスク何たらという所で彼らと戦えますがね。

あ、そうそう。
この時にコツコツと生産をした結果、以前から目標にしていた黄鋼鎧一式を揃える事が出来ました。
20081021a.jpg

EQ2に久しぶりにPOPして思いましたが、韓国を代表とするアジア系MMOの特色と言えば、やはり見た目の美麗さで、その見た目に興味が出て、手を出してしまう訳です(現にRappelzで知り合った方と話したら、内容より先に見た目に惹かれると仰ってました)が、このEQ2の鎧の意匠ときたら、アジア系MMOには無い美麗さです。
久しぶりに自分の鎧を見て驚いてしまいました。


あと、EQ1の頃の昔話をしていたら色々と思い出しました。
OgreだったHeizouを連れて妖精島に行った時に、外人のGnomeとの暖かいやり取り。PlaneやToVで行ったRaidでの出来事。初めて同じ日本人プレイヤーのWataさんとの出会い。Lucanを倒した時のこと等々、もう数え上げれば切りが無い程の思い出が浮かんできました。

なんだかんだと1年くらいプレイしないでいたのですが、久しぶりに遊んだらEQ2はいいなと思ってしまう自分は相変わらず気分屋ですが、自分の心はまた少しNorrathに興味を持ち出し始めているみたいです。
posted by Zeek at 16:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
昨日は遅くまでお話に付き合ってもらってありがとうございました(^∇^)
久しぶりに一杯話ができてEQ1の事も色々教えてもらえて楽しかったです(笑)

生産お疲れ様!
INした時には眩いお姿を拝見させて頂きます(笑)
Posted by chairs at 2008年10月21日 22:19
こちらこそ、ありがとうございました。
体験談も参考になりましたし、Grpで遊んでて忙しい中でもレスして頂き、久しぶりに楽しかったです。

EQ1の話、楽しんで貰えてよかったです。
EQ1は5年間課金を続けていたし、思い入れも深い分、EQ2で繋がりのある部分があると、思わず思い出話が出てきしまって。
特にEQ2はNorrath部分の発展部分が多いので、ワクワクしてしまいます。

黄鋼鎧は、Chairsさんのサブキャラが着ていたのを見て、是非自分でも一式身に纏いたいと思っていたものです。
あの後、採取に行ったら、幸いにも黄鋼の塊がすぐに必要数採取できたので、頑張ってレベルを上げてしまいました。
今度は少しクエストでもこなして戦闘姿を堪能してみようかと思っています(笑)
Posted by Zeek at 2008年10月22日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21599957
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック